保証やペナルティについて

ペナルティの度合いはどの程度か

一口にドライバーの求人と言っても、職種によって仕事内容は大きく異なります。数あるドライバーの職種の中でも代表的な物として挙げられるのが物流ドライバーです。これは文字通り指定された場所に荷物を届けるのが主な仕事で、日用品から工事用の機材にいたるまで仕事の幅が広く、自分にあった条件で探すことができます。この物流ドライバーの求人を探す上で注意しなくてはいけないのがペナルティです。

前述したように、この仕事はクライアントとの契約で定められた日時と場所に、決められた量の荷物を届けなくてはいけません。万が一渋滞などに巻き込まれて時間に遅れてしまうようなことがあれば、クライアントに迷惑を掛けてしまうだけでなく、会社としての信用を失ってしまうことになります。信用の失墜は仕事の激減、経営の悪化に繋がる重要な問題となるので、トラブルに対してドライバーに何らかのペナルティを課している会社の少なくありません。ペナルティの内容は会社によって若干の違いはありますが、大手のように規模の大きい会社では減給や損害分の支払いを請求されることもあります。トラブルは起こさないに限ったことはありませんが、長く続けていれば不測の事態も起こりえるのでしっかりとこの点を確認しておかなくてはいけません。

未経験のドライバーに対する給料の保証

ドライバーの仕事は職種によって月給制と歩合制の2種類の給料形態が用意されています。中でも基本とも言えるのが月給制で、ルート配送のように、クライアントとの事前の契約で利益が確約されている職種で多く採用されています。月給制は毎月契約で決められた金額を給料として受け取ることができるのが特徴で、生活の安定を求める人に最適です。それに対して歩合制は個人の売り上げが給料に反映される給料形態で、努力した分だけ高給を得られるのが魅力になります。

タクシードライバーのように、人を乗せて運ぶ仕事などで採用されるこの歩合制の仕事でチェックすべきポイントが保証内容です。前述したようにこの給料形態は結果がそのまま収入に反映されるため、効率の良い働き方を身に付けているベテランになるほど有利になります。右も左もわからない新卒や未経験で転職したドライバーは、思うように売り上げを出すことができません。保証とは定められた期間内に限り、仕事の成果に関係なく一定の給料を受け取れる制度です。これによって新人のドライバーでも生活の心配をせずに安心して働くことができます。会社によって保証期間や受け取れる金額が違うので、掲載されている情報を確認して判断しなくてはいけません。

ドライバーの転職は、年齢が高いことや経験が少ないことがハンデになりにくく、正社員など安定した雇用形態を選べば高収入を得ることもできます。

© Copyright That Triggers Is A Job. All Rights Reserved.