運転免許別に見る、ドライバーの求人

大型自動車免許の求人

大型免許の求人の中でもとりわけ求人数が多いのがトラックドライバーの求人です。荷主から頼まれた荷物を指定された場所まで運ぶ短距離や長距離のトラックドライバーや、物流の拠点と拠点の間の配送を担うドライ…

普通自動車免許の求人

ドライバーとして働くには運転免許を取得する必要があります。ただ、1つの運転免許だけで全ての車両を動かせるわけではないです。たとえば、大型のトラックやバス、クレーン車などを運転するには新たに免許の試…

>

トラックドライバーの求人のメリット

大型・小型特殊自動車免許の求人

大型特殊自動車免許の求人

大型特殊自動車免許を持っていると、どのような車両を運転できるかご存知でしょうか。ショベルカーやクレーン車、ブルドーザーなどの工事現場で働く車や、トラクター、フォークリフト、また、路面清掃車や除雪車などのうち、小型特殊自動車以外のものを運転できるようになります。この大型特殊自動車免許は、あくまでもこれらの車を公道で走らせるための免許になっているため、車両を操作して作業をするためには、作業免許が必要になってくる場合もあります。 この免許を取得していると、公道で走らせることができる車の種類がぐんと増えます。工事現場では特に、大型特殊自動車を多く使っており、車両を会社から現場まで運転していくことができるようになるため、職場では貴重な人材となるでしょう。作業免許だけでは、公道に出ることができませんが、この大型特殊自動車免許を持っていることで、自分の仕事の幅を広げていくこともできます。そして、農作業に従事する仕事に就く場合や、路面清掃の仕事に就く場合なども、ドライバーとして働けるため、この免許が役に立ちます。また、雪がたくさん積もる地域に住んでいる場合は、除雪作業の仕事があるため、除雪車を運転するスタッフとして仕事をすることもできます。

小型特殊自動車免許の求人

小型特殊自動車免許では、トラクターやコンバインなどの農作業で用いられるものや、フォークリフト、小型の除雪車などを運転することができるようになります。車両の寸法には上限が定められており、車長は4.7メートル以下、車幅1.7メートル以下、そして、車高は2.0メートル以下となっています。すなわち、このサイズを超えるものは、大型特殊自動車に分類されることになるのです。さらに、小型特殊自動車の総排気量は1.5リットル以下であり、時速15キロメートルを超えられないものと定められています。また、この免許は満16歳から取得できることができるため、比較的取得しやすい免許であると言えるでしょう。 この免許で扱える車両の中には、農作業で用いるものがたくさんあります。そのため、農作業をしている現場から倉庫までの間、公道を走るような場合には、この免許を持っていることで運転していくことができるようになります。また、工場や倉庫などで働く場合、フォークリフト技能講習修了証を持っていれば作業をすることができますが、特殊免許を取得していないと、公道に出すことができません。除雪作業のスタッフとして働くような場合にも、小型のタイプであれば運転できるため、仕事をすることができます。

ドライバーの求人情報のチェックポイント

© Copyright That Triggers Is A Job. All Rights Reserved.