勤務時間について

ドライバー職に応募する際には勤務時間のチェックが重要!

ドライバーの仕事は、長時間に亘る労働が常態化しているものです。高収入の仕事の代表でもあるドライバー職ですが、働き始めてから拘束時間の長さに気がつき、体調を崩してしまったり、やる気を失ってしまって方も多いものです。求人サイトを見ながら、ドライバー職の仕事を探す際には、勤務時間や取得できる休日日数を検討しながら選ぶことも大切です。

ドライバーの仕事に従事する方には、配達時間の厳守が求められます。長い拘束時間のなかで、厳しい時間制限を受けながら働くことは、心身ともに疲弊していきます。配送だけではなく、現地での積み下ろしや顧客との対応など、ドライバーの仕事は多岐に亘ってもいます。長く働くことを考え、無理のない就業条件の求人を探していきましょう。

ドライバー職では、1日の拘束時間を13時間以内に収める必要がある労働時間に関するルールがあります。業務状況により、残業の必要が生じてしまった場合であっても、16時間を超えて働くことはできません。労働時間の定めがあるとはいっても、他の仕事に比べると長時間勤務が求められる部分があるのも事実です。自分の体力や適性を考え、無理なく働ける求人への応募を進めることが大切です。

ドライバー職種別の勤務時間

ドライバー職のなかでも、募集の多い職種にトラックドライバーがあります。トラックドライバーの職種では、積載量に応じて、小型から大型に至るまで、幅広い車種の募集が行なわれています。トラックドライバーの仕事は平均して210時間以上と長時間に亘ります。長い時間に亘る乗車を強いられる傾向がありますので、それなりに体力も必要な側面があるのも事実です。

トラックドライバーの仕事のなかにも、ルート配送のように決められた区間を走る仕事もあります。大型トラックのドライバーのように、長距離を運転する必要はありませんが、多くの顧客を短時間で巡る必要もあり、神経を使う仕事でもあります。乗車時間は短めではありますが、顧客との交渉などに時間を取られる可能性もあり、トータルで見ると勤務時間は長めになる傾向があります。

ドライバーの仕事には、トラックのように荷物を積載して運ぶ以外にも、タクシーやバスの運転手のように、人を目的地まで送迎する仕事もあります。車に人を乗車させて送迎することは、搭乗者とのコミュニケーションの面など、運転技術だけではなく、コミュニケーションスキルも求められるものです。タクシードライバーの拘束時間は、月に262時間以内と決められていますが、夜勤などのシフトもあり、不規則な勤務を強いられる面もあります。

運転手の求人に応募する時は安心して働けるかが重要で、勤務時間や業務内容以外に職場環境を確かめる必要があります。

© Copyright That Triggers Is A Job. All Rights Reserved.